薬剤師の求人検索に便利なサイトをご紹介

薬剤師求人情報を検索しようとしている方へ

薬剤師が転職でよく希望する条件をピックアップして各条件についてご紹介しています。参考になると思いますので、ぜひ薬剤師の方はご覧ください。

それと当サイトでは、ネットで評判の薬剤師転職エージェントを5社ばかりご紹介しています。大手企業が運営するエージェントですので、求人検索がしやすいです。どのエージェントも費用は一切かかりませんのでご安心ください。

薬剤師の求人検索で人気のエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • ブランク明けやパートで働きたいなど、どんな我がままな条件でも叶えられる豊富な求人数。
  • 求人数が35,000件と豊富で、病院や調剤薬局はもちろん、企業薬剤師の求人も豊富にあります。
  • キャリアコンサルタントが専任どんな細かい点でもかわりに調査してくれるので、働きながらでも転職活動ができます。
  • 転職活動中だけでなく、入職後も定期的に連絡してくれるので、何か問題が起きても万全のサポート体制があります。
  • 入職の諸条件などの交渉もコンサルタントが代行し、転職者の25%が年収アップなどの好条件での転職を果たしています。
リクナビ薬剤師への登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
オススメポイント
  • ソニーグループの東証一部上場企業エムスリーグループだからこそ得られる安定感!!
  • 元々医師向けのサービスを行っていたので、全国各地の医師や病院に広く知られています。
  • 地域専任コンサルタントがいるので、全国各地の病院や調剤薬局などの良質な求人が入りやすくなっています。
  • 一社一社コンサルタントが訪問して調査しているので、職場環境や離職率などの情報も教えてもらえます。
  • 履歴書や職務経歴書などの書類作成だけでなく、面接の練習にも協力してくれるなど、転職へのサポート体制が万全!!
エムスリーキャリアへの登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 人気転職サイトマイナビで築いた豊富なノウハウを活かし、薬剤師の転職を強力に支援。
  • 豊富なネットワークで、病院や製薬会社だけでなく企業薬剤師など幅広い求人があります。
  • 非公開求人も豊富で、高年収かつ転勤なしなどの特殊な条件でも求人を紹介することが可能。
  • 専任コンサルタントが担当エリアの企業を自ら訪問し、生の声を集めているので、本当の姿を知ることができ、安心・納得できます。
  • 専任コンサルタントの氏名やプロフィールなどを顔写真付きで公開しており、お互いに信頼を深めた上で安心の転職活動ができます。
マイナビ薬剤師への登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ジェイネクスト株式会社
オススメポイント
  • 地域を関東地区と東海地区に絞って提供していることで、きめ細かいサービスを提供しています。
  • 中途採用を希望する転職者だけでなく、薬剤師資格取得予定者の就職もサポートする手厚さ。
  • 医療業界の応募〜選考までのスケジュールなど、気づくことのない細かい点まで手厚くサポート。
  • 専任コンサルタントがしっかりと希望をヒアリングした上でマッチングするので、満足率も高く、入職後の離職率1%未満を実現!!
  • 対面での面談だけでなく、電話やメールスカイプでのカウンセリングもできるので、忙しい人でも利用しやすい態勢になっています。
ヤクステへの登録はこちら
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
オススメポイント
  • 日本調剤グループが運営する転職支援サービスなので、痒いところまで手が届きやすいところが人気です。
  • 調剤薬局のネットワークを活かし、調剤薬局だけでなく病院から製薬会社などの企業薬剤師まで豊富に用意されています。
  • 専任のコンサルタントも80人と多く、求人先を一つ一つ実際に調査しているので、職場環境などの情報も豊富にあります。
  • 求人先の良い点も悪い点も包み隠さず公開しているので、全てを分かった上で求人先を検討することができます。
  • 公開求人だけで45,000件、非公開求人も豊富にあるので、多少特殊な条件でも紹介することができます。
ファルマスタッフへの登録はこちら

薬剤師の求人検索はエージェントが便利!

薬剤師とは専門職です。それ故に、薬剤師の転職には、転職先の幅広さという他にはない特色があります。病院勤務の薬剤師、調剤薬局、製薬会社のMR、製薬会社の研究員、ドラッグストア、治験コーディネーターなどがあります。一番求人数が多いのは調剤薬局で、正社員だけでなく昼間の時間帯にパートで働いている方も多くいらっしゃいます。病院勤務であれば院内処方の窓口や調剤室に勤務することになります。病院なので夜勤もありますが、その分収入も安定しやすいのが魅力です。

その他にも製薬会社でMRになれば、新薬を使ってもらえるよう病院に営業をする、新薬の開発を行うこともできますし、ドラッグストアではお薬の販売とともに接客も行うことができます。その他にも治験コーディネーターや臨床開発や臨床開発モニターなど薬剤師が活躍できるフィールドは数多くあります。また、もう一つの大きな特徴として女性が多いことがあります。近年では男性薬剤師が増えたと言っても、男女比では4:6で女性が多いのです。女性は結婚や出産などで辞める人も多いため、需要は多いにもかかわらず、供給が圧倒的に不足している状態です。そのため、求人数は毎年右肩上がりに増えているのが現状です。

薬剤師は複数回の転職を経験した人が多いのが特徴です。周りにも複数回の転職経験を持つ人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。おそらくまだ転職経験のない人でも、転職を考えたことがある人がほとんどではないでしょうか。しかし、どうやって薬剤師の求人を探したらいいのか分からない人も多いのが現状です。そこで役立つのが薬剤師の求人検索サイトです。最初にも説明したように、薬剤師の需要というのは大変幅広くあり、そのすべての分野で必要な薬剤師の数に対して大幅に不足しており、求人数も右肩上がりで増えています。

求人検索サイトでは多くの薬局や病院などが薬剤師の募集を行っていますので、どこが自分に合っているのか分からなくなり、二の足を踏んでしまうということも大いに有り得るでしょう。しかし求人検索サイトでは、あなたの重視する条件(勤務先、転勤の有無、短時間勤務希望、専門性の高い分野を希望など)に合わせた検索が可能なので、様々な条件にあわせた検索が可能なのが魅力です。とは言っても、職場の雰囲気などサイトだけではなかなか分かりにくいものですが、そういったあたりのことは検索サイトを運営している会社にコンサルタントの方がいらっしゃるので、その方たちに不明な点を尋ねていけば、自然と疑問も解消していきます。